忍者ブログ

まぼろし劇場

TVゲーム、プライズなどのブログ。ただいま断捨離中。

サンムーン 孵化とか色違いとかの情報

解析やフラゲの情報を元にしているので、そういうのを気にする人は見ないように。
仕様を調べてるだけなので、ストーリーや未発表のポケモンなどのゲーム内容のネタバレは無し。ただしボールと王冠と新アイテムの情報がちょっとある。

間違ってるかもしれないので、鵜呑みにしないように。
翻訳も正確かどうか分からないので注意。


ちょっと内容を追加。
第七世代の色違いを狙う方法について追加。
トレーナーのIDの計算方法について追加。
カントーの姿とアローラの姿の遺伝について追加。





●色違いについて



1/4000のチャンスで色違いのポケモンが見つかる。




今まで通り1/4096でも、人々は1/4000と思っている、あるゲーム内キャラがそう言ったから。
彼らは私達のように、彼らの宇宙について100%の知識を持っていない!



どうもゲーム内で確率が1/4000だと言っている人がいる?
実際に1/4000になっているのか、あくまでも約1/4000という意味で従来通り1/4096なのかは不明。






伝説/ウルトラビースト/コスモッグ/マギアナは、みんな色違いロックされている。



ここで言う伝説が何を指しているのか不明だが、ソルガレオ、ルナアーラ、カプ・コケコ達の色違いは出ないと思っておいた方がいいかも。




カプ達にも?

はい、カプ達にも。



カプ・コケコ達の色違いは出ないみたい。
タイプ:ヌルは不明。





アローラ図鑑を完成させると、ひかるおまもりをもらえる。
非常に簡単な仕事だ。

ノー!! ひかるおまもりをもらうために、ポケモンバンクが使える1月まで待つ必要はない!!!



アローラ図鑑完成でいいので、バンク解禁前にもらえてしまうらしい。
とはいえ6Vメタモンもいないし、王冠のメタモンは使えないし(後述)、新ポケモンの遺伝技でも用意してたほうが良さそうな気がする。

Z技の仕様によっては今まで採用されなかったような補助技も選択肢に入ってくるので、Z技の研究が進むまでは準備に徹して、国際孵化は待った方がいいかも。

まるいおまもりは不明。




全ての野生のポケモンは、色違いや高IVs(個体値)のチャンスが増加した味方を召喚できる。
[新しい色違いハンティングメカニック]



公式サイトで言う「乱入バトル」が従来のポケトレに相当するのではないかと思われる。
隠れ特性がどうなっているのか不明。




第七世代の色違いハントの方法:(お守りを手に入れるにはアローラ図鑑完成)
-連続釣り
-国際孵化
-アドレナリンオーブ味方バトル遭遇



「Adrenaline Orb Ally Battle Encounters」が何を指しているのかよく分からない。
「アドレナリンオーブ」という新アイテムがあるらしいので、たぶんそれと関係しているのではないか。
「Ally」という言葉は乱入バトルの時にも使われていたので、アドレナリンオーブと乱入バトルの組み合わせで何かあるのではないかと思う。





●IDについて

(SID * 65536 + TID) % 1000000


拾った情報なので確証はないのだが、これがサンムーンでのトレーナーIDの計算方法らしい。
TIDはトレーナーIDで、今までトレーナーカードとかで見えてた部分。
SIDはシークレットIDで、いわゆる裏IDのこと。
算出方法が変わっただけなので、色違いの仕様はそのままではないかと思う。
配信ポケモンのIDを131017みたいに6桁の日付で表せるのがメリットか。


%は剰余演算子というやつで、割り算の余りを出す計算。
つまり「% 1000000」は100万で割って、その余りという意味。

100万で割るんだから当然余りは0~999999
よってサンムーンのトレーナーIDは0~999999


筋は通るな。








●ボール遺伝について



メタモン×♂で、♂のボールが遺伝
メタモン×性別不明で、性別不明のボールが遺伝
らしい。

自転車が無くて、ケンタロスでBダッシュし続けないといけないという情報を得ているのだが。



どうもある場所でガンテツボールを入手できるらしい。
動画になってるからYouTubeで見てくれ。






●カントーの姿とアローラの姿の遺伝について



動画を見る限りだと、メンデルの遺伝の法則みたいになっているようだ。
Rなのは、コラッタの英名がRattataだから。

カントーのコラッタの遺伝子がR
アローラのコラッタの遺伝子がr

遺伝子の組み合わせは、RR、Rr、rrの3種類。
RR、Rrだとカントーのコラッタが生まれる
rrだとアローラのコラッタが生まれる
(Rが優性遺伝で、rが劣性遺伝)

RRとRrって見分けつくんだろうか?
迂闊に混ぜないほうがいいかも。




例えば
モンボrr♂×ドリボRR♀→ドリボRr♀
モンボrr♂×ドリボRr♀→ドリボrr♀

こんな感じで、アローラコラッタもアローラロコンもドリボ入りのが作れそうなんだけど。
カントーの隠れ特性から、アローラの隠れ特性って生まれるのかな?




メタモンを使った場合はどうなるのか?
RR×メタモンなら、たぶん子供はRRだけになるだろう。
rr×メタモンなら、たぶん子供はrrだけになるだろう。

じゃあRr×メタモンなら、子供の遺伝子はどうなる?
メタモンはRR扱い? Rr扱い? rr扱い?
どこの地方産のメタモンかは関係ある?





変わらずの石を持たせた方の姿が遺伝するようだ。
リスニング苦手なので何言ってるのかよくわからないが、両方に持たせた時は♀の姿が優先か?
両方に持たせるメリットは無いと思うが。







●すごいとっくん(Hyper Training)について



すごいとっくんは古い世代のモンスターに効果がある

すごいとっくんはIVs(個体値)自体には影響を与えない



これに対してどういうことなのか質問している人がいて、別の人が返信している。


もし個体値31だったらというステータスまでブーストさせる。
そしてブーストされたものとして、そのステータスにフラグを立てる。




画像はIVs(個体値)が1-0-1-1-0-1、EVs(努力値)が全部0のアルセウス。
背景が緑になっているIVs(個体値)が特訓を受けた箇所だろう。そこだけStats(ステータス)が高くなっている。
めざパはゴーストのまま。奇奇奇奇偶奇で鋼になるはずだが、変わっていない。




それでは、単に数を31まで増やすのではなく、すごいとっくんを通してどのステータスが増加したかを格納している?

正しい、すごいとっくんは実際の個体値を変えずに、ステータスにフラグをセットする。




もしかして実際の個体値やめざパは変わっていないけど、6V相当のポケモンとして使える?
だったら、めざパ炎/岩/格闘でも最速にできる?
カプ・テテフとかは性格だけでなくめざパも粘っておいたほうがいいかも?




すごいとっくんはIVs(個体値)を下げられない。
完璧なIVs(個体値)は更にすごいとっくんを受けることができない
(そういうことなので個体値31の所はすごいとっくんできない)。



新アイテムの一覧を見たけど、王冠は銀と金の2種類しかないみたい。
上げるだけ。

ロムリセでマギアナと王冠の回収マラソンが出来るらしいが、殿堂入りしないといけないらしい。


親にした場合の遺伝がどうなるかは不明。



追記

ポケモンサン・ムーンで『最速めざ炎』が実現可能に!すごい特訓後も「めざパ」のタイプは変わらないことが判明! - ぽけりん@ポケモンサン・ムーンまとめ

特訓前の個体値が遺伝するとの情報が。

結局、遺伝親用の6Vメタモンや、めざパメタモンは必要になる。
伝説や幻は性格とめざパだけ粘ればOK。レベル100まで上げる必要はあるが、それを考慮しても以前より手間は減るだろう。








●言語とかの隠しステータスについて



一匹のポケモンに
・PID(ポケモンのID、いわゆる性格値)
・Language(言語設定)
・Country(国の設定)
・Sub Region(地域設定)
・3DS Region(3DSのリージョン)
といった色々な情報が記録されていることが分かる。


ゲーム中で確認できるのは言語設定のみ。
XYORASでは、言語設定が違う親同士なら国際孵化になっていた。
サンムーンでどうなっているかは不明。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

カレンダー

07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア2

ブログパーツ

バーコード

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
男性
趣味:
ゲーム
自己紹介:
kakayaku さんのチャンネル - YouTube
YouTubeのチャンネル。
ロックマンの動画や昔のCMなど。

QMA問題ブログ
クイズマジックアカデミーの問題、画像など。



Copyright ©  -- まぼろし劇場 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ