忍者ブログ

まぼろし劇場

TVゲーム、プライズなどのブログ。ただいま断捨離中。

高木彬光『白昼の死角』

最近AIJの企業年金がどうのこうのとテレビやネットで騒がれているが、
高木彬光の『白昼の死角』を読んでいたらこんな文章があった。


「君が歌の文句を引用したから、私は諺で答えよう。世のなかにただほど高いものはな
い。君は、この文句をどう思う?」
「………」
「私は君たちの話を聞いていたときから、その前途に対してはたいへんな不安を持って
いた。物価統制令の違反の件は、たしかに同病相あわれむが、大衆の金を月二割という
条件で集めて、しかもそれ以上の利潤を上げようとするのはてんで無茶な話だ。その条
件をさらに十分の一に切り下げたところで、長く実行はできないだろう。君たちは、そ
のあたりに矛盾を感じないのかね?」
「たしかに……、おっしゃるとおりです」
「投資家の立場になって考えてみたまえ。月二割の利子では年に二十四割、元金は約三
倍半になる計算だ。これだけの仕事は、株でもなんでも、相当な危険をともなう投機だ
よ。これを手ぶらで、君たちに代行してもらおうというところに、一般大衆の甘さがあ
る。まず、これから半年もすれば、預かってある元金も残らず吹っ飛んでしまうだろう
が、そのとき、投資家大衆は、ただほど高いものはない――という諺の意味をつくづく
悟るだろう。金儲けの技術をただで買おうとしたためのとうぜんの失敗だ

「………」
「それはまた逆に君たちにも言える言葉だ。こうして大衆から集めてきた金を、君たち
はただ集まったぐらいに思っているだろう。対象が多くなってくれば、注意も分散し、
責任感もうすくなってくるのは人情だ。まして、君たちはまだ年が若い。こうした金を
前にしたとき、酒や女への個人的な欲望がわいて出るのは自然だが、そういうただの酒
や女が、後でどれだけ高くつくか、君たちもまもなく悟るだろう」
 七郎は全身を冷や汗にぬらしていた。この人物の恐ろしさの片鱗がようやくわかり出
したのだ。

高木彬光『白昼の死角 新装版』、光文社文庫、2005年8月20日初版、p201-203
赤字は管理人によるもの。



『白昼の死角』は「光クラブ事件」を元にした悪党(ピカレスク)小説。
法の網の目をくぐり犯罪を重ねる天才的知能犯、鶴岡七郎の話。
新装版が出たのは2005年だが、連載は1959~1960年。
AIJについては俺も詳しくないので各自で調べること。

白昼の死角 - Wikipedia
光クラブ事件 - Wikipedia
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

カレンダー

07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア2

ブログパーツ

バーコード

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
男性
趣味:
ゲーム
自己紹介:
kakayaku さんのチャンネル - YouTube
YouTubeのチャンネル。
ロックマンの動画や昔のCMなど。

QMA問題ブログ
クイズマジックアカデミーの問題、画像など。



Copyright ©  -- まぼろし劇場 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ